>

初めてのリフォームでも安心!業者の選び方と注意点

理想の住宅を実現してくれる業者選び

目的に沿った提案がされているか

リフォーム業者と打ち合わせをするときには改装の目的に合った提案がされているのかというところに注目してみましょう。
例えばキッチン設備を入れ替える場合、家族構成やキッチンの使用頻度など、人によって使い勝手の良いキッチンというのは異なります。
高齢者に最新のシステムキッチンを導入すればかえって使いずらかったり、部屋の広さに見合っていない対面キッチンを勧めるなど、流行や最新設備が必ずしもその人にとって良いものとは限りません。
逆に、オープンキッチンにしたいという要望に対して、部屋の間取りや敷地面積を考慮し、設置面積をとらない壁付けタイプの対面キッチンを勧めるという提案はプロのアドバイスがなければ分かりません。

このように、実際に住む人の目線でリフォームの目的に合った具体的な提案やアドバイスをしてくれる業者は、安心して任せられる可能性が高いです。

デメリットの説明も重要

見積もりの際に自分たちの要望を伝え、その要望通りに見積もりをとってくれるかというのはもちろん大切ですが、そのプランの問題点やデメリットを見抜き、しっかりと伝えてくれるのかという部分も大切なポイントになります。
素人目線では希望している間取りや設備などのメリット・デメリットや、自分たちの生活に合ったリフォームになるのかなどは実際に住んでみるまで分からないものです。
実際にすべて希望した間取りや設備でリフォームした後、実際に住んでみて使い勝手が悪かった、住環境に設備が合っていなかったという失敗例もあります。

そのため、要望を伝えた際に素材や設備のメリットだけでなく、改装によってどのような影響やデメリットがあるのかまでをきちんと説明し、要望に対するミスマッチの少ない方法や代替案などを積極的に提案してくれるようなリフォーム業者が安心です。


この記事をシェアする